【ReLIFE】映画の感想!人生やり直しで、人は変われるのか?

映画

「ReLIFE リライフ」は、人生を1年間やり直せたら、一体どんな人生を送るのか?そんな夢のような設定の映画です。

主人公は中川大志、共演は、千葉雄大、平祐奈、池田エライザ。文句なしの役者がそろってます。「俺の人生、こんなはずじゃなかった」「あの時、あんなことをしなければ・・・」などと思っている人にオススメです。

今回は、そんな映画「ReLIFE リライフ」のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

【ReLIFE】のあらすじ

海崎新太(中川大志)は、新卒で入った会社を5ヶ月で辞めてしまった。その後、就活をするがなかなか仕事が見つからない。

気が付けば、もう27歳。月日だけが無情に過ぎ、絶望に打ちひしがれていた。ある日、大学の同級生と飲み会があった帰り、「人生、やり直してみませんか?」と謎の男(千葉雄大)に声をかけられる。

その男の名は、夜明了。人生やり直しプログラム「ReLIFE」を勧められる。

「ReLIFE」は、見た目だけが、10歳若返り、1年間限定で高校生活をやり直せるプログラム。学費や食費の負担は一切なし、1年後には就職先も紹介してくれるという保証付きだった。

カプセル1錠で、若返るという胡散臭いモノだったため、話だけを聞いた海崎だったが、帰宅後、他の薬と間違えて、「ReLIFE」のカプセルを飲んでしまう。

翌朝、目が覚めると、10年若くなっている姿に戸惑う海崎。海崎の「ReLIFE」は、始まってしまいました。

【ReLIFE】の感想

「ReLIFE」を始めた海崎には、友人ができます。登校初日に、間違って席に座ってしまい、気になり始めた学年で成績が1位の日代千鶴(平祐奈)。

その日代と成績を競い合う負けず嫌いの狩生玲奈(池田エライザ)、そして美形ながらも成績も優秀な大神和臣(高杉真宙)。

1年間の経験は、海崎本人の記憶には残るが、海崎以外の記憶は消えてしまいます。同じ時を過ごした同級生なのに、1年後の高校卒業後は、誰も何も覚えていない。そんな切ない設定です。

最初は、適当にやり過ごすつもりだった海崎ですが、次第に今という時間の大切さに気がついていきます。

それが、如実に現れたのが、夏の花火大会。突然振り出した雨に「また来年、来ればいいよ」「そうだね、花火は今年だけじゃないしね」との声に、

「違うよ、今年の夏は一度きりだ。高校最後の夏は、二度とやってこない」と海崎は言います。

その声に反応したのは、大神でした。大神は、突然雨の中で、玲奈に告白し、玲奈は、戸惑いながらも「ずっと待っていたんだから」と答えました。

花火は、見れなかったけれど、大雨の中で大神は告白できました。きっと誰よりも、思い出深い花火大会になったと思います。

「ReLIFE」のいいところは、何回も人生がやり直しがきくというところではなく、皆の記憶が消えてしまうところです。

来年は、もう友達には会えない!もし会えたとしても、誰も自分のことを覚えていない!そんな海崎にとって、今がすべてです。

来年も自分は生きているだろうし、友達もそばにいてくれる。それは、当たり前のことではありません。不確実なことだと教えてくれます。

卒業式の後、海崎は、皆にお別れを言います。海崎の存在は、なくなってしまいますが、皆の心のどこかに何かが残るはずです。海崎の永遠の別れのような言葉に、泣けてしまいました。

1年のリライフを通じて、海崎は、自分が本当にやりたいことが見つかりました。就職の斡旋すら断って、目標に向かっていく海崎は、バイト先でも正社員に誘われるほどになります。

夢や目標がある人は、やはり魅力的です。まずは、「今を大切に!」「今日は、一度しかない!」悔いのない人生を歩んでいきたいものです。

そんなことを教えてくれる「ReLIFE」は、オススメの映画です。ぜひ一度チェックしてみてください。

じっくりと味わいたい人は、アニメもありますので、そちらもご覧ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました