【啄木鳥探偵處】第7話のネタバレ!紳士盗賊は乱歩の「二銭銅貨」!

2020年春アニメ

天才歌人の石川啄木と金田一京助が探偵バディを組む、ホラーミステリーアニメ「啄木鳥探偵處」

今回は、未だに啄木と絶交中の京助を中心に描かれた「啄木鳥探偵處」第7話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

【啄木鳥探偵處】第7話のあらすじ

ある大会社から、社員全員分の給料が入った鞄が盗まれた事件が発生した。

その犯人は、なんと啄木が勤める東京朝日新聞の社会部の者だと言って騙し、五千圓を盗んだというのだ。

事件発生後、警察は犯人が吸っていた煙草「FIGARO」を手掛かりに捜査を始める。執念深く捜索した結果、「紳士盗賊」と呼ばれた犯人は逮捕できた。だが、盗まれた五千圓は行方知らずのままだった。

そんな「紳士盗賊」に盗まれた五千圓の在り処について、ミルクホールで話し合う啄木と京助、吉井、萩原、胡堂。

そこで胡堂は、盗まれた大会社が、五千圓の発見に五百圓の懸賞金をかけたことを話す。咳こみながらも啄木は、懸賞金の五百圓よりも犯人が吸った煙草が気になっていた。

そんな啄木と絶交中だが、どうしても放っておけなかった京助は、ついお金を貸してしまう。

啄木は、そのお金で「FIGARO」の煙草を買った。お釣りで貰った二銭銅貨を、京助の机に置いておいた。

その夜、二銭銅貨に細工が施されたのに気づいた京助は、平井に協力を仰ぐ。そう、二銭銅貨に挟まっていた紙にあった、五千圓が隠された場所を示す暗号を解くために。

平井に解いてもらった暗号から、盗まれた五千圓の在り処を見つけ出した京助。啄木の力を借りずに推理し、五千圓を見つけ出せたことに、京助は大喜びだった。

翌朝、意気揚々と啄木に自身の推理を披露する京助。その推理を真剣に聞いた啄木は、京助の観察力と推理力を称賛する。

そして、ずっと気まずいままの京助と仲直りをしたいと、謝罪する。

それに対し、京助も謝罪をしてようやく和解したのだ。だが和解後、見つけた五千圓について話し合った際、啄木は突如大笑いをする。

不審に思った京助が尋ねると、これは全て自分が京助に仕組んだ悪戯だと説明する啄木。

それを聞いた京助は、本物の五千圓は一体どこにあるのか疑問を抱く。そして、京助は和解後に驚きの真実を知ることとなる。

だが、人知れず吐血した啄木の姿には気づかずに…。

果たして、本物の五千圓の行方は?京助が知った驚きの真実とは?

【啄木鳥探偵處】第7話の感想

紳士盗賊が起こした事件について、お馴染みのメンバーで話し合うシーンは微笑ましかったです。
それに、絶交中の啄木たち心配して、早く仲直りするよう促す胡堂たちの優しさに感動しました。

啄木と絶交中だった京助が、不審に思った二銭銅貨の細工から、平井と協力して謎解きするシーンは面白かったです。見ているこっちも一緒に謎解きをしている気分になれました。

啄木の力を借りずとも、事件を解決できたことに喜ぶ京助が、啄木に語った推理はこうでした。

紳士盗賊には相棒がいたが、自分が突然逮捕されてしまったので、盗んだ五千圓の在り処を伝える暇がなかった。だから、牢の中から外にいる相棒と連絡を取ろうと思いつく。

その連絡手段として、囚人が脱獄に使うノコギリを忍ばせる小道具として使われる二銭銅貨を使ったのです。

そこで相棒から、「差入屋」を介して二銭銅貨を受け取った紳士盗賊。

その二銭銅貨に五千圓の在り処を暗号化した紙を入れる。あとは、それをまた相棒の元に届けられれば良かった。

だけど、その輸送中に手違いが起きてしまう。その手違いのせいで、差入屋で働く女性は、実家のタバコ屋に仕送りとして一緒に送ってしまった。

それで、回りまわって二銭銅貨は啄木の元へきたのだった。

さらに、紳士盗賊は犯行前におもちゃの紙幣を注文しておいた。犯行後にそのおもちゃと本物の五千圓をすり替えて置いたから、店に受け取りに行けと、暗号化された紙に書いてあったのです。

そう推理したと話す京助を称賛後、啄木は謝罪したのです。2人が謝り合って、和解できた時はとても嬉しかったです。

でも京助が見つけた暗号も五千圓も全て、啄木の悪戯だったと知った時は驚きました。暗号が示す注文者は京助の名前を、札には京助の顔がありました。

それを翌日、皆に盛大にからかわれてしまった時に出た京助のオネエ言葉も面白かったです。
しかも、その五千圓の札束を作ったお金は、懸賞金と同額の五百圓です。ということは、啄木は既に独自で五千圓を見つけていたことになります。

結局、啄木がどうやって見つけたかは謎のままでした。もしかして五千圓持っていたりして。

エンディングでは啄木が咳き込んだ末に血が出ていて、本当に大丈夫なのかと心配になりました。

【まとめ】

「啄木鳥探偵處」アニメ第7話のあらすじと感想を、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

今回の話は、途中で気が付いた人も多いと思いますが、江戸川乱歩(平井太郎)の「二銭銅貨」が元ネタです。「二銭銅貨」を読んだことがある人は、そのトリック自体も知ってますので、今回の話は楽しめなかったかもしれませんね。

しかし、啄木と京助は喧嘩しているのに、こんなイタズラをする啄木もどうかと思いますが、それだけ二人の仲は本当はいいのでしょう。

そして、和解した啄木と京助の姿に、2人のファンは喜び、安心したと思います。
これでようやく、次回からは2人が探偵バディとして、再び活躍する姿が見られますね。

だけど、体調が悪い啄木がついに吐血してしまったエンディングで終わった第7話。
本当に風邪なのでしょうか?過労がたたって、何か重い病気にかかってしまったのでしょうか?
啄木の体調がとても心配なので、早く続きが見たいです。

石川啄木に詳しい人、勘のいいひとは、啄木の体調の悪さの原因をもう分かっていると思いますが、分からない人はこのままドキドキしながら見守りましょう。

この記事を読んで、アニメ「啄木鳥探偵處」より一層楽しんで見ていただけたら嬉しいです。

追記:

江戸川乱歩は、小学生のころ学級文庫でよく読みました。怪しい雰囲気の文体に魅せられました。その後、平井和正、菊池秀行、夢枕獏などの「伝奇小説」にハマり、アニメの「バジリスク」を見ることになりました。

「バジリスク」の原作者の山田風太郎は「あと千回の晩飯」で自身の晩年の生活を小説にしています。その中で山田氏が尊敬する作家は、江戸川乱歩先生と語っています。

江戸川乱歩の凄さを実感させられました。

【啄木鳥探偵處】第6話のあらすじと感想!活人形の猟奇事件!吉井勇の恋の行方は?
石川啄木と金田一京助の探偵バディを組むホラーミステリーアニメ「啄木鳥探偵處」 彼らの友人である吉井勇や萩原朔太郎、野村胡堂、若山牧水は、給仕の季久に恋をしていました。しかし、4人が片思い中の季久には泉若という恋人がいました。第5話参照...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました