水瀬いのりの経歴!かわいいだけじゃない声優、オススメのキャラはコレ!

声優

2020年春アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」通称「はめふら」で伯爵令嬢のソフィア・アスカルトを演じている水瀬いのりさん。

水瀬さんはこれまでに数々の人気作品に出演しており、人気が未だにうなぎ登りの注目の声優さんです。水瀬さんの可愛らしい声に魅了されているファンの方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回は水瀬さんの魅力、オススメのキャラについて紹介していきたいと思います。

声優:水瀬いのりの経歴

水瀬さんは2010年に行われたソニー・ミュージックアーティスツ主催の第1回オーディションでグランプリを獲得し、その年の「世紀末オカルト学院」という作品で声優デビューを果たします。

さらに、2013年にはあの人気ドラマ「あまちゃん」に成田りな役で出演するなど声優業以外のフィールドでも活躍しています。

2015年にはシングル「夢のつぼみ」をリリースし、ソロ歌手としてデビューしました。その歌唱力は声優とは思えないほど高く、水瀬さんのライブはいつも大盛況だそうです。

2016年には第10回声優アワードで主演女優賞を受賞し、その実力を証明しています。

水瀬さんは声優業に歌手活動、そして「心が叫びたがってるんだ」のコラボ企画として西武ライオンズの始球式にまで参加したことがあるようです。活動の幅が広い声優の1人として知られています。

声優:水瀬いのりの凄さが分かる3作品

そんな水瀬さんが演じるキャラクターの特徴といえば可愛らしいキャラクターが多いことだと思います。
しかし、可愛らしいキャラクターだけではなく毒舌キャラも演じています。
水瀬さんは「『この人はこういう役を演じていたんだ!』と以外に思われるような役者になること」を目標に掲げているそうです。
そこで、水瀬さんが演じてきた魅力的なキャラクターについて紹介します。

「リゼロ」のレム

まずは水瀬さんと言えば、女性キャラクター賞を受賞した「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムでしょうか。

双子の姉妹の妹役のレムは、姉のラムと違い性格がややソフトなメイドです。

レムは主人公であるスバルと共に行動することが多く、最初はスバルを警戒していたものの、回を追うごとに信頼関係を築いていきました。

少しずつ態度を変えていくレムを熱演しています。そして、スバルへの告白のシーンは感動的だと話題になりました。

戦闘シーンでは、ガラリと雰囲気を変えた演技をすることができるのが水瀬さんのすごさだと思います。

また、この作品ではキャラクターソングとして「Wishing」を歌い上げました。演技力だけではなく、歌唱力も認められている声優であることが見てとれます。

「ご注文はうさぎですか?」のチノ

そして、レムよりも可愛らしいと人気なのが「ご注文はうさぎですか?」のチノです。

見た目が幼いというのもありますが、水瀬さんが演じてきたキャラクターの中でもかなり可愛いらしい部類に入ると言っていいでしょう。

クールでかわいいチノは、普段は落ち着いた雰囲気で丁寧語を話しますが、時折甘えん坊な面ものぞかせます。

水瀬さんの可愛らしい演技を見たいときには「ご注文はうさぎですか?」を見ることをオススメします。

「政宗くんのリベンジ」の小岩井吉乃

さらに、この2つのキャラクターから少し離れているのが毒舌キャラとして知られている「政宗くんのリベンジ」の小岩井吉乃です。主人公である政宗と秘密の関係を持つこのキャラクター。

元デブ男であった政宗のことを「豚足」と罵る場面もあり、少し変わった水瀬さんの演技を見たいという方にはおすすめのキャラクターです。

この他にも有名作品の中で人気キャラクターを演じることが多い水瀬さん。
まだまだ若い水瀬さんにはこれからも魅力的なキャラクターを演じてくれるのではないかという期待がかけられています。

声優:水野いのりの歌手活動

声優業では大活躍の水瀬さんですが、歌手というもう1つの顔も忘れてはいけません。

2015年に正式にソロ歌手としてデビューするまでにも歌手としての活動はしていたようです。「ご注文はうさぎですか?」のチノを始めとするキャラクターソングを数多く担当し、その歌唱力は高く評価されていました。

そして12月2日。20歳の誕生日に正式にデビュー。3rdシングルの「Starry Wish」は「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の5作目アニメ「Vivid Strike!」のエンディング曲として起用され、好評を博した。

水瀬さんの凄いところは、歌うだけではなく作詞作曲への要望までしていることです。2017年には自身初のアルバム「Innocent flower」をリリースし、そのアルバムのテーマ・タイトル・曲順にまで水瀬さんの意見が反映されているようです。

声優業をこれだけこなしながら、歌手活動にも全力で向き合うからこそ良い作品を作り上げることができているのでしょう。

さらに、アルバムをリリースするごとにライブを開催してきた水瀬さん。どのライブも大盛況で、2019年の「Catch the Rainbow!」というアルバムをひっさげたライブは武道館で開催されるなど歌手としても大人気を誇ります。

2020年にはアルバムこそないものの、横浜アリーナを始めとする会場でライブを開催予定でした。
残念ながらコロナウイルスの影響で中止になってしまうようですが、これから先もライブは行われていくことは間違いなさそうです。

声優:水瀬いのりのラジオ番組

ライブに行けなくなり残念と感じている方には水瀬さんのラジオを聞くことをオススメします。

水瀬さんのラジオ番組「MELODY FLAG」は2016年から放送され続けている人気番組です。水瀬さんがゆるい感じで近況トークや自身が出演している作品情報について語ってくれる番組です。

この番組はradikoというアプリで配信されている他、水瀬さんのYouTubeチャンネルで過去の放送がアーカイブ配信されています。

最近の放送では落ち着いて話すことができている水瀬さんも、第1回では緊張しまくっていますのでそんなギャップも含めて楽しめる番組です。

余談ですが、「いのりっくまねる大西沙織」という名称の仲の良い女性声優のグループがあり、水瀬さんはその一員なのです。

グループのメンバーは、水瀬さん、加隈亜衣さん、佐倉綾音さん、大西沙織さんの4人なのですが、プライベートで遊ぶほど仲がいいそう。ラジオでもこのメンバーについて触れることも多いので注目です。

声優:水瀬いのりのパンツ

パンツなんて聞くと、扇情的な言葉ですが、実は大したことありません。水瀬さんのパンツが見えてしまったとか、白いパンツをはいているとかいう話ではないです。人形がはいているパンツが白だと水瀬さんが発言しただけの話です。

2017年に放送された「水瀬いのりと大西沙織ののPick Up Girls!」で声優友達の大西さんとの会話で、水瀬:「パンツ、白!」(人形のはいているパンツを見て)大西:「やめて、パンツ白とか言わないで!」と発言していました。

この発言が言葉だけ、一人歩きしてしまったというお話。期待してしまった人には、ちょっと残念なお話です。

声優:水瀬いのりの例の画像

水瀬さんと言えば、今は色白で清純なイメージですが、2015年頃、水瀬さんが20歳の頃は、日焼けをしたちょっとポッチャリさんでした。髪の毛も、今と違いロングでした。

今と比べると、かなりのギャップがありますので、目を疑うかもしれません。特にアニメから水瀬さんを好きになった人は、そのイメージがありますので、イメージが壊れるかもしれません。

昔も今も変わらないのは、一生懸命に声優活動をやっているということです。どんどん魅力的になっていく水瀬さん、これからも目が離せません。

まとめ

さて、ここまで水瀬さんについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

水瀬さんの魅力について知っていただけたのなら幸いです。今回紹介したように声優業でも歌手活動でも大活躍の水瀬さん。

まだ水瀬さんの曲やラジオを聞いたことがない人や出演作品を見たことがない人は、是非これから水瀬さんの作品に触れてみてください。すでに水瀬さんのファンだという人は、これからも水瀬さんを全力で応援し続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました