【東山奈央】の経歴!おすすめのキャラは何?なぜ武道館でライブができた?

声優

とーやまんという愛称でも親しまれている女性声優である東山奈央さん。東山さんは演じるキャラクターの幅がとても広いことで知られています。

東山さんは「作品のエンドロールを見た時に私の名前に気付いて、驚いてもらえるくらいキャラになりきれる役者になりたい」と語っており、まさに有言実行の役者であると言えるでしょう。

今回はそんな東山さんの魅力について詳しく紹介したいと思います。

声優:東山奈央の経歴

東山さんが声優を志した理由は、アニメ「鋼の錬金術師」です。主人公のエドワード・エルリックの声、朴璐美(パク・ロミ)に感銘を受けました。最初、エルリックの声は男性だと思っていたようです。

この作品がキッカケで声優に可能性を感じ、声優を目指します。東山さんは東京ナレーション演劇研究所を経て、2010年に「神のみぞ知るセカイ」と「STAR DRIVER 輝きのタクト」の2作品で正式にデビューを果たします。

さらに2016年には個人名義でデビューシングル「True Destiny / Chain the world」をひっさげ、歌手デビュー。

さらに、2019年には第13回声優アワードにて助演女優賞を受賞し、自らの実力を証明しています。
この経歴から分かるように東山さんは声優としてではなく歌手としても活動しており、人気を集めている注目の女性声優です。

声優:東山奈央の演技力の高さが分かる3作品

そんな人気のある東山さんの真骨頂は演じるキャラクターの幅です。デビューとなった「神のみぞ知るセカイ」の中川かのんは絶大な人気をほこりますが、それ以外にも魅力的なキャラクターがあります。東山さんの演じてきたキャラクターについて触れていきたいと思います。

「きんいろモザイク」の九条カレン

日常系コメディアニメ「きんいろモザイク」は映画化まで果たした人気作品として有名です。その人気作品で九条カレンという、とにかく明るいのハーフを見事に演じました。

九条カレンは、日本人とイギリス人のハーフ。帰国子女であるため、日本の常識が通じないところがありますが、明るい性格なので日本の生活にすぐに順応し、友達を作ります。

作中では「オハヨウゴザイマース!」など少しカタコトで話す場面が多いキャラクターですが、違和感は全くない演技でした。この作品で東山さんといえば元気いっぱいのキャラクターという印象を持った方もいると思います。

「ニセコイ」の桐崎千棘

次に紹介するキャラクターは「ニセコイ」の桐崎千棘(きりさきちとげ)です。この作品も中条あやみさんで実写映画化された有名作品です。

千棘は、日本人とアメリカ人のハーフ。美人でモデル体型、しかも頭脳明晰。親の言いつけで、「ニセコイ」の主人公である一条楽(いちじょうらく)と高校の3年間、偽の恋人同士になる。

ハーフという点では九条カレンと同じ設定ですが、お嬢様ながらも少し乱暴なところがあります。「きんいろモザイク」で演じたカレンとはかなり印象が違うツンデレキャラです!

千棘は、少し荒々しい言葉遣いをしますが、主人公の楽を段々と好きになっていきます。そんな役柄を東山さんは見事に演じきってます。

「ゆるキャン△」の志摩リン

「ゆるキャン△」は、福原遥さん主演で実写化もされた作品です。主人公の志摩リンは、キャンプの知識が豊富ですが、一人でキャンプをするのが好きな女子高生。

このキャラクターは「きんいろモザイク」や「ニセコイ」で演じたキャラクターだけを考えると、本当に東山さんが演じているのか疑うほどの声です。

どちらかというと少し元気のあるキャラクターを演じることが多い東山さんですが、志摩リンというキャラクターはおとなしいキャラクターなのです。

キャンプ好きな女子高生で比較的無口なこのキャラクターをも見事に演じてしまうのが東山さんのすごさですね。

声優:東山奈央の歌手活動

声優としては余すことなく実力を発揮している東山さんですが、歌手としてもしっかりと活躍しています。

2016年に正式に歌手デビューを果たした東山さんですが、4枚目のシングルではオリコン6位を獲得しています。さらに、2018年には、1stライブを武道館で開催しており、2ndライブは国内だけではなく台北と上海でも開催。

国内だけではなく海外での人気もあるというものすごい歌手として知られています。個人名義としての歌手活動も充実している東山さんですが。キャラクターソングも多く担当しているのが特徴です。

「きんいろモザイク」ではオープニング曲などを担当するRhodanthe*(ローダンセ)というユニットとして活動しています。

Rhodanthe*は「きんいろモザイク」のメインキャストである東山奈央、西明日香、田中真奈美、種田梨沙、内山夕実の5人で結成されたユニットです。

余談にはなりますが、東山さんにとってこのユニットは少し特別なものだそうです。東山さんは人前に出るイベントなどが大の苦手でした。

しかし、このユニットで活動することによってこの苦手を少しずつ克服できたそうです。本人も「Rhodanthe*が居場所をくれた」と語るほど思い出深いユニットなのだそうです。

2016年にソロ名義で歌手デビューをして、2018年に武道館ライブを実現させてますが、たった2年で武道館ライブにたどり着いたわけではありません。

2010年の東山さんのデビュー作である「神のみぞ知るセカイ」の中川かのんとして、ライブ活動を地道に積んで、多くのファンを獲得できたからこそ、武道館公演が実現されたのです。

8年越しの努力をして、武道館ライブを実現させた東山さんは本当にスゴイと思います。

声優:東山奈央のラジオ番組

ファンとしては東山さんのプライベートな話を聞きたいところだと思います。そんな願いを実現してくれるのが東山さんの冠番組である「東山奈央のラジオ@リビング」です。

この番組は2017年から超!A&G+で放送されている長寿番組です。番組名から連想できるようにアットホームなゆるい雰囲気で人気のラジオ番組として知られています。

番組では家で言ってほしいセリフやふつおたが募集されており、聞いていてとても楽しいラジオ番組になっています。また、過去にはゲストとして女性声優の深川芹亜さんや安野希世乃さんが出演しており東山さんの人間関係が伺える機会もありそうです。

まとめ

ここまで東山さんについてさまざまな面から紹介してきましたがいかがでしたか?

声優としては高い演技力を誇る東山さんですが、声優以外のフィールドでも活躍していることが分かったかと思います。これまで数々の人気作品に出演してきた東山さんですが、今後もさらなる活躍が期待されています。

2020年の夏アニメ「彼女お借りします」では更科瑠夏(さらしなるか)役として出演も決まっています。これからも東山さんの活躍に注目です!。

コメント

タイトルとURLをコピーしました