【はめふら】第8話のあらすじと感想!カタリナの欲望は何?アランの欲望は叶うのか?

2020年春アニメ

乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公が、無自覚にキャラクターたちを攻略していく、転生ラブコメディアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」通称“はめふら”。

「魔力を宿す石」はカタリナが知らぬ間に持っていたことで、見事ダンジョンをクリアしたのが前回の第7話。今回は「欲望という名の物語」というお話です!

アニメ「はめふら」第8話のあらすじ、各キャラの欲望、ネタバレ、感想を紹介します。

【はめふら】第8話のあらすじ

学力テストに向けて、各々自習をしていた。そんな時、勉強に集中できないカタリナは、気分転換に畑で育てたかぼちゃを収穫する。

そこへ現れたアランに、かぼちゃを渡しながら談笑するカタリナ。そんな2人を部屋から見たメアリは、アランにカタリナを取られまいと邪魔をしに行く。

だが、メアリが駆けつける前にアランは立ち去っていた。そんなメアリに、カタリナは生徒会室で一緒に勉強をしようと誘う。

生徒会にいたシリウスから、「東棟の図書室にある参考書を見てみるといい」と言われた2人。
その道中、ジオルドやキース、アラン、ソフィア、ニコル、マリアと出会う。

すると全員、東棟の図書室に用があると言う。結局、いつものメンバーで勉強会することになった。マリアとメアリがお茶とお菓子を用意しに部屋を出た時、カタリナは不思議な本を手にする。

その瞬間、マリアとメアリ以外の皆が本の世界へと消えてしまう。皆が吸い込まれていったところを部屋へ戻ってきたメアリたちは目撃する。その本「欲望という名の物語」を手にしたメアリたちは、囚われた皆の姿を探す。

本を開いて、最初に見つけたのは、「ジオルドの欲望」です。挙式後、ジオルドはカタリナにキスをしようとする…ところで本を閉じるメアリ。

次に見たのは、「キースの欲望」。勉強しているカタリナに、お菓子を食べさせるキースの姿。

そこでまた本を閉じたメアリ。大好きなカタリナが誰かに迫られているところを見たくないからだ。

マリアはそれを見てこう考える。これは、学園の7不思議の1つ「人間の欲望をエネルギーとして吸収する本」なのではないかと。

本に囚われた皆の欲望が叶えば、その者たちは解放されて元の世界へ戻れる。

そう考えるも、皆はカタリナが大好き。つまりは、カタリナとこんなことをしたいと考える皆の話を見ていくしかないのだ。

悩んだ結果、皆を救うために読み続けることにした二人。

3番目の物語は、「ソフィアの欲望」。ソフィアが自身の蔵書室で、カタリナを壁ドンして告白する話。
4番目の物語は、「ニコルの欲望」仮面舞踏会後、カタリナがニコルに連れ去らわれる話。

5番目の物語は、「アランの欲望」。だが、ここまでの話から展開を予想したメアリは、読むことなく本を閉じてしまった。

あとは、「カタリナの欲望」が叶うだけ。果たして、皆に迫られ続けたカタリナが叶えたい欲望とは?

【はめふら】第8話の感想

いつものメンバーが揃って、仲良く勉強会をしている様子は微笑ましかったです。

そんな時、カタリナが手にした本に囚われてしまったジオルドたち。そのジオルドたちが、胸に秘めた欲望を見なければならないメアリとマリア。

二つの世界のギャップがとても面白かったです。

ジオルドはいつもより強引に、カタリナにキスを迫った話。
対してキースは、何故かお色気全開でカタリナにお菓子をあーんする話。

キースとジオルドファンには堪らないシーンだなと思いました。続いてのアスカルト兄妹の話は、それぞれ普段とのギャップがあって面白かったです。特にニコルが仮面をつけて迫るところが(笑)

また、ソフィアが、愛読するロマンス小説のように迫った姿は健気でかわいかったですし、
ニコルは秘めた思いを言葉にしているところが、なんとも切なかったです。

カタリナの欲望は・・・、お菓子を無限に食べ続けたいというものでした。やっぱりという感じでしたが、お菓子の家にあるお菓子を、休むことなく食べ続けるカタリナの姿はとても面白かったです。

お菓子を吸い続ける姿はまるで、吸引力抜群のダイソンの掃除機のようでした。カタリナのお菓子への欲望は尽きないなと呆れつつも、面白かったです。

人気が高くて評判のアランの話が、メアリに遮られて見られなかったのが残念でした。

本から解放された後、無邪気に裸足で芝生を駆けるカタリナに誘われるがまま、アランも裸足で芝生を歩くシーン。

そこから木登りをした2人が、いい雰囲気で木の上で見つめ合っているシーンがあって、とても最高でした。

夕焼けに照らされたカタリナの笑顔にドキドキしているアランの緊張感は、コチラまで伝わってきました。

それを発見したメアリは、良い雰囲気となっている2人を、はたして邪魔することができたのかな?
と、気になったエンディングでした。

【まとめ】

「はめふら」アニメ第8話のあらすじと感想を、お伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

ジオルドたちのカタリナへの愛が描かれた第8話。それぞれこんなことをカタリナとしたいと考えていたのだなと思うと、ホッコリした気持ちになりました。

そんな中、一人だけ現実世界でカタリナと良い雰囲気になったアラン。そのシーンは、メアリも危機感を覚えるほどでした。

でも、個人的にアランとカタリナのシーンはしっくりきました。やはりアランは格好良いなと感じました。この記事を読んで、「はめふら」アニメ第8話を、より一層楽しんで見ていただけたら嬉しいです。

【はめふら】第7話のあらすじと感想!魔法の実技試験開始!黒い影の正体とは?
2020年4月より放送されている、勘違い主人公がゲームキャラクターを無自覚にたらしこんでいく、転生ものラブコメディアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」略して“はめふら”。 第6話では、カタリナ達の楽しい...
【はめふら】第9話のあらすじと感想!アンの悲しい過去とカタリナの深き愛情!
2020年4月より絶賛放送中の転生ものラブコメディアニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」、通称「はめふら」 乙女ゲームの悪役令嬢だった主人公が破滅フラグではなく、ゲームのキャラクターたちとの恋愛フラグを立...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました