【恋プロ】アニメ第2話の感想!空を飛ぶハクが格好いいー!見事なハク回!

2020年夏アニメ

恋愛スマホゲームから生まれた「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE」略称「恋プロ」のアニメが2020年の夏アニメとして絶賛放送中です。

第1話では、人気アイドルのキラ、天才科学者のシモン、ファーレングループのCEOのゼン、イケメン3人が登場しましたが、今回の第2話では、最後のイケメン、ハクが登場します!(第1話に、チラッと出ていたけど)

今回は、ハクの魅力がたっぷり楽しめる「恋プロ」アニメ第2話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

【恋プロ】アニメ第2話のあらすじ

5年後、必ずテレビ業界のトップになると、ファーレンのCEOゼンに啖呵を切った私だったが、ゼンからは、条件が2つ出された。

1つは、次の放送でSNSのトレンドトップ10に、「奇跡発見!」を入れること。もう1つは、1週間以内に今後の経営プランを提出することだった。

しかも、条件をクリアできたら、出資を再開するのではなく、出資の審査をするという厳しいものだった。

シモン教授と共に「奇跡発見!」の構想を練ていると、昨日出会った少年(イボルバー)の証言がほしいという話になる。

翌日、警察なら、何か少年に関する情報を知っていると思い、アポイントなしで警察に行く。「謎のワープ事件」を担当しているのはハクと言う刑事。

警察でハク刑事に挨拶をすると、ハク刑事に「何だよ、よそよそしいな」と言われる。「久しぶりだな」と声をかけるハク刑事をよく見ると、ハク刑事は、高校の時に2つ上の先輩であることが分かる。

ハク先輩は、在学中は悪名が高く、皆から恐れられていた存在だった。まさか警察官になっていたとは、思いもよらなかったのだ。

「事件について、知りたければ来い」と言われ、ハク先輩に誘われるがまま、バイクの後部座席に乗る。

ハクは、少年を追っているいきさつを説明する。少年が能力に目覚めたのは、半年ほど前。人をワープさせて、喜んでいるうちに、少年の能力に目をつけた組織がいた。

少年が3ヶ月前にいなくなったのは、家出ではなく拉致されたせいだと言うハク。特殊能力を持った者たちが巻き込まれたことから守る、それが、ハクが所属するイボルバー犯罪対策局の仕事だと言う。

イボルバーという言葉に反応する私。「知っているのか?」と聞くハク。「取材で、その・・・」と返事をした途端。私は、少年の能力によって路地裏にワープされてしまう。

ワープされた場所は、この間、夢で見たのと同じ路地裏。ナイフを持った黒スーツの男に襲われそうになった瞬間。突風が吹き、男を吹き飛ばす。ハクの「走れ、飛べ!」という声に導かれるまま、路地裏を出ようとする。

路地裏の先は、水路。「迷うな、飛べ!」の声に、意を決して飛ぶ私。ずぶ濡れになる瞬間に、またしても突風が吹き荒れる。突風に舞い上がらされた私。

「よく、飛べたな」とやさしく後ろから私を抱きかかえるハク。「お前が風の中にいるなら、すぐに見つけ出せる」

ハク先輩もイボルバーだったのだ。地上に戻ると、先ほどの男を捕まえるハク。能力者の少年も無事に保護することができた。

少年が私を路地裏にワープさせたのは、家族を盾に脅されていたからだった。少年を狙っていた組織の名は「ブラックスワン」だとハクは言う。

「ブラックスワン」。それは、父の残した手帳に書かれていたSの文字が意味するものだった。

「奇跡発見!」の大きなネタをつかんだ私であったが、イボルバーのことを公表するのは時期早々。しかし、真実は、しっかりとつきとめ、いずれ人々に届けたいとハクに言う。

それを聞いたハクは、「受け取れ」と言い、ブレスレットを投げ渡す。「GPSつきだ。ブラックスワンを追うなら、命の安全は保障できない」と言う。

「何かあったら、俺を呼べ」そう言って、バイクで立ち去るハクだった。

私は、視聴者に問いかけるような内容で「奇跡発見!」を放送。キラのツイートによって、無事トレンド入りを果たす。そしてキラからは、「み~つけた、ポテチ姫」とのメッセージも。

「第一条件はクリアしました!」ゼンに報告する私。「第二条件はどうした?」とゼン。

自宅のマンションで、提案書を書き上げようとするがなかなか終わらない。出勤しようとする私に声をかけてきたのはマンションの隣人。

隣人がシモンであったことに、驚く私。シモンは偶然にも、昨日隣に引っ越ししてきたのだった。

 

【恋プロ】アニメ第2話の感想

第2話は、ハク回でした。第1話では、空から様子を見守っていただけでしたが、今回はその魅力をたっぷりと見せてくれます。

超能力要素は、話がややこしくなるからぶっちゃけ要らないと思っていましたが、その考えは完全に間違っていました。

空を飛ぶ能力は、元々魅力的です。超能力でも、サイボーグでも、宇宙人でもいいから、空を飛びたいです。

そんな能力を持っているのがハク。第1話では、ただ浮遊していただけだったので魅力を感じませんでしたが、今回は、ハクの魅力にコロリとやられてしまいました。

第1話では、キラの魅力に魅了され、第2話では、ハクの魅力に魅了されたという感じです。余談ですが、ハクの誕生日は、7月29日。非常にいいタイミングでアニメを見れました。

4人目のイケメンとして出てきたハク。いいですねえ。ちょっと不良タイプというのがいいです。そして、セリフがイチイチかっこういい!

バイクに二人乗りした時に、腰に抱きつかない私を見て、「それだと、死ぬぞ」。なかなかの殺し文句です!抱きつく理由を作ってあげるハクのさり気ないやさしさ。

「走れ、飛べ!」「迷うな、飛べ!」そして、お褒めの言葉「よく、飛べたな」・・・ヤバすぎる!

挙句の果てには、「お前が風の中にいるなら、すぐに見つけ出せる」完全にトドメを刺された!

ハク、カッコよすぎるだろ。シャレにならん。

ハクの魅力を見せつけられた後は、キラの「ポテチ姫」攻撃!そして、最後にシモンが隣に引っ越ししてくるという出血大サービス!

このアニメは、相当イケる!そう確信した第2話でした。

まとめ

「謎のワープ事件」を追って警察に行った私の前に現れたのは、高校時代の先輩のハクだった。ハクは、イボルバー犯罪対策局に所属し、自らもイボルバーだった。

ハクの活躍により、事件は1つ解決。「奇跡発見!」はキラのツイートでトレンド入りし、ゼンに言われた第1条件をクリアします。

第2条件をクリアしようとする私の前に現れたのは、隣に引っ越ししてきたシモン。ハクを中心にイケメンだらけの第2話でした。

隣に引っ越ししてきたシモンは漫画あるあるで、「私の家政夫ナギサさん」かーいと一人ツッコミしてしまいましたが、「恋プロ」は、今後の展開も期待大です。

【恋プロ】アニメ第1話の感想!面白いのか、つまらないのか、どっちなの?
「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE」、略称「恋プロ」は、中国のPapergamesが2017年に作ったスマホ向けのゲームアプリです。ゲームのジャンルは、超能力恋愛ゲームで、2020年の夏アニメとして放送開始してます。 題名から連...
【恋プロ】第3話の感想!ゼンの意外な一面!イボルバー同士の戦いが始まる!
恋愛スマホゲームから生まれた「恋とプロデューサー~EVOL×LOVE」略称「恋プロ」 第3話では、ファーレンのCEOのゼンと人気アイドルのキラが、天才科学者で教授のシモンとイボルバー犯罪対策局のハクがイボルバー同士として顔を合わせます...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました