【アイドリッシュセブン】2期第4話のあらすじと感想!二階堂大和の辞退が気になる!

2020年春アニメ

「アイドリッシュセブン Second BEAT!」

ファン待望のアニメ「アイドリッシュセブン」の第二期がついに2020年4月5日よりスタートしました!

今回はアニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」の第4話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。※ネタバレ含みますのでご覧になる方はご注意ください。

 

【アイドリッシュセブン Second BEAT!】第4話のあらすじ

第3話にてセンターを七瀬陸から和泉一織に変更することを受け入れた一織。
さて、気になる第4話です!

センターを変更することをメンバーに告げた紡。陸は迷惑をかけてしまったと落ち込むが一織や他のメンバーは体調が戻るまで一時的なものだし、全力で支えると陸をフォローします。

センター変更して初めての生放送。ファンはもちろん突然の発表に少し混乱気味です。しかし、いざ歌うとメンバーは抜群の安定感に驚きます。

次の日、街ではセンター変更についてファンが語り合う姿が。バラエティ番組も好評で特に、一織の兄・和泉三月(いずみみつき)のMCが面白い!と評判になっています。他のバラエティ番組のオファーや、ファンクラブの会員数も増え、ゼロアリーナのこけら落とし公演もありで続々と個々の仕事が舞い込んで来ます。

そんな波に乗ろうと、MEZZO”(四葉環と逢坂壮五のユニット)の新曲リリースを考える事務所の社長。ファンも待ち望んでいるMEZZO”の新曲。

MEZZO”の新曲を主題歌にダブル主演のドラマの依頼も。しかしそのドラマのオファーがなくなりかけているという話が!理由はMEZZO”の環が、特番の際にスタジオで暴れてスタッフを病院送りにしたと少し誇張された話が広まっているせいだといいます。

紡が監督の元に何度か交渉に行くものの、壮五だけなら使ってやってもいいと言われているという始末。このままでは環の誤解が解かれないままになってしまうと思い、あくまで2人でと交渉を続けるという紡。誤解を解くためには環の意識改善が必要だと社長が言います。

MEZZO”の新曲は「恋のかけら」に決まりました。そんな時、MEZZO”が収録現場で喧嘩をしています。いつものように言い争っているとき、壮五が急に環の影に隠れ出します。

見つめる先には、関係者がTRIGGERの新番組の話をしています。その番組のスポンサーはなんと壮五の実家であるFSC。そして、この番組はIDOLiSH7の冠番組の裏番組ということが判明しました。

事務所に帰りその話を報告しますが、紡はTRIGGERの番組は1ヶ月も先だから今のうちにファンを取り込もう!と励まします。メンバーも覚悟していたから気にしないと壮五の不安を取り除きます。

そして、Re:valeの千(ユキ)主演で好評だったドラマの映画化が決まり、二階堂大和のもとに、
重要な役のオファーが来たと言います。しかし、大和は銀幕に行くつもりはないから断ってくれと言ってしまいます。

別の日、楽屋にはRe:valeの姿が。冠番組面白かったと感想を言いに来たのかと思いきや、
千は大和を連れて楽屋の外へ。そして千はオファーを受けろと大和を説得。しかし何やら事情がありそうです。メンバーの夢を叶えたいなら、もっと上に行くべきだと言われる大和。

Re:valeの百(モモ)は好いてくれる人が増えた分、みんなに向けられる感情が少しずつ変化すると紡に伝える。ファンの好きがいろんな方向に向けられ、本人たちを苦しめて行くから乗り越えるようアドバイスする。

そして寮に、突然の訪問者が来ます。それはTRIGGERの九条天。陸はいるかと訪ねてきたのです。

ここで第4話が終わります。

 

【アイドリッシュセブン Second BEAT!】第4話の感想

ついにセンターを変えてファンの前に姿を現したIDOLiSH7。センター変更することでメンバーも少し戸惑うかと思いきや、さすが一織といった感じでしょうか。抜群の安定感でした。

メンバーも驚きながらも、安心して踊ってました!スタッフにもバランスがいいと褒められていましたし、センター変更が受け入れられたようで良かったです!

そしてついに始まった冠番組も好評で個々の仕事もどんどん決まっていき、ますます存在が大きくなって行くISOLiSH7。

大きな仕事が入った大和は、なぜ銀幕に行きたくないのでしょうか?そして、何やら事情を知ってそうなRe:valeの千。結果的にオファーを引き受けたようですが、今後の展開が気になります。

冠番組も順調かと思いきや裏番組にTRIGGER、しかもスポンサーは壮五の実家である会社。意外と不安になるメンバーかと思いましたが、全然気にしていないようで安心しました。

「ゴシップなら僕達が守る」というRe:valeの千の言葉や、百から言われた「アイドルを苦しめるのは好きの感情」という言葉がさすが先輩!と感激してしましました。

そしてラストシーン、IDOLiSH7が住む寮にTRIGGERの九条天が「陸はいる?」と険しい顔で訪れます。天とまともに話せていない陸ですが、天の顔を見る限り、いい話や昔の話をしに来たわけではなさそうです。

どんな話を陸に持ちかけるのか、陸がまた怒られて発作を起こさないか心配です。

まとめ

冠番組の放送も始まり、どんどんいろんな仕事が舞い込んでくるIDOLiSH7。
このまま順調にいってほしい!と思いながらも、最後には九条天が険しい顔でIDOLiSH7の住む寮に来ます。陸と何を話すのでしょうか?

さて、第5話以降は、放送延期が決まってしまいました。しかし、あの最後の終わり方は困ります。早く続きが見たい!とウズウズしてしまいますね。いつ再開するかは、公式ホームページからの発表を待ちましょう!

【アイドリッシュセブン】2期第3話のあらすじと感想!天と陸の枕エピソードって何?
ファン待望のアニメ「アイドリッシュセブン」の2期が2020年4月5日よりスタートしました! 今回は、アニメ「アイドリッシュセブン Second BEAT!」第3話のあらすじや感想を紹介します。ネタバレ含みますので、ご覧になる方はご注意くだ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました