【A3!】第2話のあらすじと感想!春組5人が活動開始!茅ヶ崎至は別人なのか?

2020年春アニメ

「A3!〜SEASON SPRING & SUMMER〜」

アニメ「A3!〜SEASON SPRING & SUMMER〜」がついに2020年4月6日よりスタートしました!
今回は第2話のあらすじや感想、アニメの魅力などをご紹介します!
※ネタバレが含まれますのでご覧になる方はご注意ください。

【A3!】第2話のあらすじ

第1話で劇団の借金返済のため、潰れかけているMANKAIカンパニーを再生させることを決めた主人公・立花いづみ。前回は劇団員を3名集めることができましたが過去、父親がやっていたときのように4ユニット(春組・夏組・秋組・冬組)のメンバーを揃えるにはまだ遠い。

寮生活がスタートしたいづみをはじめとした劇団員たち。佐久間咲也は未成年のため親御さんの許可を取るため電話をします。許可はもらえたものの、咲也は幼いときに両親を無くしていて親戚のところに引き取られていたので、苗字が違うといいます。

初代春組は5人いたため、新入団員を勧誘しようとストリートアクトをしに行く咲也たち。しかし、演劇に関してど素人が3人ストリートアクトをしているので、周りからは「ひどい」「大根演技すぎる」と笑い者にされてしまいます。

そこに、そのストリートアクトを見ていた1人のカタコト日本語を話す男性の姿が。留学で来たというこの男性、この男性は演劇の聖地であるこの「ビロードウェイ」に憧れていたと言います。

そこで、いづみはこの男性を劇団に誘うと即決。その留学生シトロンが新たに劇団員になります。

日も暮れかけこの日の劇団員勧誘を止めようとしたとき、物件を探している男性・茅ヶ崎至(ちがさきいたる)に出会います。サラリーマンである至は、「荷物が多いから2人部屋は…」と思い悩んでました。すると咲也がシトロンと同部屋でも良いと提案したため、至は入団を決意します。

寮に帰ったいづみたちは、公演の演目を決めようとします。初代春組の台本を使おうと提案しますが、メンバーの皆木綴(みなぎつづる)が「脚本を書きたい」と言い出します。いずみは「稽古の時間を考えると厳しい」と答えます。

支配人も「次の公演からにしてくれ」と説得しますが「次ができると決まっているのか?」と支配人を攻めます。結局、1週間で脚本を完成させることができるなら書いてもいいことに。台本の題材は「ロミオとジュリエット」。脚本を書いている綴を除いた4人で稽古を始めます。

ある日の夜、咲也とシトロンが心配で綴の部屋に行きます。寝ている綴のパソコンに、咲也とシトロンが「頑張って」と応援メッセージを書き残します。

約束の1週間が経過しました。大学も休んでいるということで心配になり綴の部屋を見に行くいづみ。至を除いた3人も、心配で部屋に行くと倒れている綴の姿が!

死んでしまったのかと不安になりますが、パソコンには「書けた!」という文字が。どうやら「ロミオとジュリエット」の台本を書き上げて寝ている綴。

稽古場で出来上がった台本を読んでいるいづみや咲也たち。綴が急いで稽古場に来て台本のデキをいづみに確認します。いづみは「バッチリ、公演はこれでいこう」と話します。

ロミオが咲也、ジュリアスが碓氷真澄、ロミオの友達のマキューシオを綴。ジュリアスの兄貴分ティボルトを至、ロレンス神父役にシトロンという配役。いよいよ、次の日から読み合わせがスタートすることになりました。

その夜、台本を配る時に不在だった至の元に行ったいづみ。部屋を開けると見たことのない人がゲームをしています。いづみが「どちら様ですか?」と聞くと、男性「茅ヶ崎至ですが」と。
まさかのこの男性は、至だったのです。

【A3!】第2話の感想

第1話では劇団がどうなるかそわそわしましたが、今回の第2話は安心して見れました。
春組の団員も5人揃って良かったです!

脚本を担当した綴も、無事に完成させることができ、いづみにも認められて良かったですね。
配役も決まり、いよいよMANKAIカンパニーの春組が始動します。

しかし、演劇素人の5人なため、稽古は相当苦労しそうな予感です。はたして「ロミオとジュリエット」は無事に上映することができるのでしょうか?

そして、最後のあの至ですが、本当にあのサラリーマンをやっていた至なのでしょうか?別人のような態度が気になります!

そして、第2話からオープニングとエンディングが流れました。

オープニングは、春組・夏組・秋組・冬組のメンバー1名ずつが参加している【A3ders!】による【Act! Addict! Actors!】。エンディングは、春組5人による【Home】という曲です。

オープニングは、とてもポップな曲で、これから出てくる夏・秋・冬組のメンバーの声が聞けます。そして、エンディングは、春組らしい優しい曲になっていました!

まとめ

ついに春組が始動しましたが、みんなの演技力が心配ですね。役者を夢見て劇団に入ったものもいれば、部屋のためだけに劇団に入ったものもいます。

そんな5人の演技力は、まちまちでほとんどが大根役者。旗揚げ公演まで時間がない春組。そして、綴が書いてくれた「ロミオとジュリエット」の台本。そんな5人で無事に公演をすることができるのでしょうか?

そして、最後に出て来た至だという怖い男性。確かに見た目は至ですが、なんか雰囲気が違う!
気になるところで終わってしまった第2話です。早く次の第3話が見たいですね。次回も楽しみです。

【A3!】第1話のあらすじと感想!いづみの自信はどこから?一体どうするー!
「A3!〜SEASON SPRING & SUMMER〜」 アニメ「A3!〜SEASON SPRING & SUMMER〜」がついに2020年4月6日よりスタートしました! 「A3!」とは一体なんなのか?アニメのあら...
【A3!】第3話のあらすじと感想!春組5人の演技は最悪!解決策は寝る?
2020年4月6日より「A3!〜SEASON SPRING & SUMMER〜」が放送開始しました。今回はその「A3!」第3話のあらすじや感想、アニメの魅力などをご紹介します! ※ネタバレが含まれますのでご覧になる方はご注意くださ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました