【かくしごと】最終回第12話の感想!お父さんと一緒がいい!

2020年春アニメ

遂に最終回となった2020年春アニメ「かくしごと」、父と娘の日常を描いたハートフルコメディの謎が明らかになりました。

今回は、そんな「かくしごと」の最終回第12話のあらすじ、ネタバレ、感想を紹介します。

見逃し配信バナー

【かくしごと】第12話のあらすじ

可久士と姫、そしてロクと、3人で祝った11歳の誕生日。そんな幸せが、いつまでも続くと思っていた姫だったが、現実は違っていた。

そんな中、姫のもとに鎌倉の家の鍵と地図が送られてくる。鎌倉の家に向かった姫は、その家で可久士が描いていた漫画の原稿を見つける。

そこに現れた可久士に似た青年。青年は、「はじめまして、姉さん」と姫に声をかける。彼は、可久士の妹の子供だった。可久士は、歌舞伎役者の妾の子、隠し子だったのだ。

真実を知った姫は、自分が本当に可久士の子供だと知って安心した。可久士がやさし過ぎるから、不安になっていたのだ。

姫が中学生になった時、千田奈留の書いた美談の記事は、可久士を苦しめることになる。家庭に不幸があったにもかかわらず、ギャグ漫画を描いていた可久士に対して、「笑えない」と言う声があったのだ。

それを見た可久士は、漫画家を辞める。漫画家を辞めて、慣れない仕事を転々としていた可久士。自分に何があってもいいように、いざという時用に、腹違いの妹に鎌倉の家の鍵を渡していた。最悪の場合は、家の中を空にして売却してお金を姫に渡してほしいと、伝えていた。

実際は、家の中身は空になっていなかった。可久士の腹違いの妹は、可久士の仕事を姫に見せてあげたかったのだ。

そこに、六篠先生と姫の元同級生が朗報を伝えにやってくる。可久士が意識が回復したのだ。

病院についた姫に会うなり「誰?、君は誰だ?」とつぶやく可久士。可久士の記憶の中では、姫はまだ10歳。最近7年間の記憶をなくしていた。

姫のことを、アシスタントと間違える可久士。家に残してきた10歳の姫が気がかりだったため、様子を見に行ってもらうよう姫にお願いする。

漫画を描く可久士の姿は、すごく真剣で、とても楽しそうだった。帰宅後、薄暗い部屋で大きくなったロクを抱いて、姫は涙を流した。

漫画に触れることが、一番のリハビリ。元アシスタントと漫画を描く可久士。原稿描きが一段落して元アシスタントが帰った後、姫は可久士に声をかける。

「アシスタントの人が皆いい人ですね」と話すうちに、「大好きな漫画が描けなくなってつらかったよね。漫画を描けることが一番幸せなことだよね」と本音をもらしてしまう。

「それは違う。一番の幸せは、姫が元気に大きく育つこと」と可久士は答える。

その言葉を聞いた姫は、いてもたってもいられなくなり、病室を飛び出す。「お父さんと一緒がいいです」と必死に走る姫。元同級生らと一緒に、鎌倉の家に原稿を取りに行く。

病室に戻った姫たちは、可久士に原稿を見せる。描いた覚えのない原稿を見た可久士は、戸惑いながらも、少しずつ記憶を取り戻していく。

漫画の原稿は、可久士が生きた証。そう、可久士のすべてが、原稿に詰まっていたのだ。

【かくしごと】第12話の感想

最終回の第12話は、予想通り未来編のみのお話しになりました。アニメを見ていた体感時間は、15分。あっという間の最終回でした。

姫の母についての話は、ほとんど進展はなかったです。母は海難事故でなく、病気でないとおかしい点はそのまま。残念ながら謎は、解明されなかったです。

「姫の母が戻ってくるという理想の最終回」とまでは、いかなかったですが、とてもいい最終回でした。

一番よかったのは、「可久士が楽しければ、記憶が戻らなくてもいい」と思っていた姫が、本当の可久士の望み「姫が元気に大きく育つこと」を知って、走り出すところです。

「お父さんと一緒がいい」と走り出す姫が、愛おしくてたまりません。可久士が愛情たっぷりに育てたからこそ、こんな行動が生まれたんですね。

「お父さんと一緒がいい」なんて、高校生の娘が言ってくれるなんて最高です。普通は「お父さんと別がいい」です・・・。

最後に、姫には、「かくしごと」いや「ひめごと」がありました。それは可久士に秘密で、漫画を描き始めたこと。千住博のような桜の絵を描く姫ですが、漫画家になってもらいたいですね。

一方、可久士は、新しい下ネタ漫画を描こうとしています。姫にかくしごとがなくなった今。可久士は、生き生きしてます。日本画家の大家である義父とも、うまくやっていけそうな雰囲気でした。

ラストシーンは、白バックに可久士と姫の後ろ姿。アニメ制作会社の粋なはからいです。二人にどんな未来が待っているのか?どんな風にも描けるという意味があったのだと思います。

時間の都合上、残念ながら大滝詠一のEDはカットでした。あえて言えば、flumpoolのOPをラストで2番まで聞きたかったです。それ以外は、とても満足のいく最終回でした。

まとめ

「かくしごと」には、「隠し事」、「描く仕事」のダブルミーニングでしたが、トリプルを越えて、クワトロミーニング、4つの意味があったと思います。

残りの2つは、「隠し子と」、そして「可久士事」

そして「ひめごと」には、「秘め事」、「姫事」のダブルミーニング。

「かくしごと」の最終回のタイトルは「ひめごと」、「可久士事」は最後「姫事」になります。「かくしごと」が最終回を迎えた今。スピンオフで姫の秘めごとを描いた「ひめごと」ができることを祈ってます。

風のように通り過ぎていった2020年の春アニメ「かくしごと」。親子の愛情の大切さを教えてくれるとてもいい作品でした。関係者の皆様お疲れ様でした、そして、本当にありがとうございました。

【かくしごと】最終回で伏線回収できるのか?母は海難事故より病気でしょう!理想の最終回はコレ!
2020年4月から放送開始した「かくしごと」 アニメ放送当初から、ささやかれていたのは、母は死んでいるという説でした。アニメ第10話の放送では、姫の母は海難事故で行方不明になっていることが判明しました。 なんだか釈然としないのは...
【かくしごと】母は死んでいる?可久士は漫画家を辞める?最終回はこうなる!
下ネタ漫画家である後藤可久士とその娘の姫との日常を描いたアニメ「かくしごと」 アニメの第10話では、遂に母親が海難事故に遭ったと思われるシーンが出てきました。アニメ放送当初からささやかれていた「姫の母は死んでいる説」を裏付けることにな...
【かくしごと】第11話のネタバレ!連載が打ち切り?不幸が止まらない!
最終回に向けて、佳境を迎えるアニメ「かくしごと」 可久士の漫画「風のタイツ」の連載が打ち切りの危機!そして、姫は遂に11歳の誕生日を迎える。可久士と姫の日々は、一体どうなっていくのか?不幸が迫ってくる予感しかない! 今回はそんな...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました